カナダログホーム

Log-home maker ;

夢中でログホーム造りにとりくみ25年が過ぎてしまいました。日本の気候、風土に合うログホームという点では当初多くの技術的な課題が残されていましたがその一つ一つの問題を解決しながらスタッフ達と、時にはオーナーにも参加していただきながら一棟一棟を【楽しみ】ながら造ってきました。その間に蓄積された目に見えない技術および知識の集積は他の追随を許さないものがあると自負しております。構造的には一見シンプルで単純にログを積み重ねただけの家の思われがちです。しかし、【生きている】ログを、その最も自然な形でまたその特徴を最大限に生かして、と考えると非常に奥の深い建築物ではないかと思います。【本物を見分ける】のが難しい時代です。そういう時にこそ、これが手造りの本物のログホームだと納得して頂けるものを造り続けていきたいと考えております。 ワイルドライフサービス 代表 片根得光 

「幾年月の夢とともに暮らす」

地球の上の大きな鳥や大陸のそれぞれのテッペンから下界を見渡してみたが、なかでもカナダの大自然はすごいものだ。その太古さながらの手つかずの森林に、すくすく育った大木を丸ごと使って造りあげたのがカナデイアン・ログホームである。世界的に有名なロッキー山脈のリゾート、バンフ、ジャスパーやウイスラーで何度かの滞在をログハウスで過ごしたことがある。木の香りがただよう素朴さと、豊かな温もりが伝わってくる山荘の生活にすっかり魅了され、ああこんな家が日本にもあったらなと、おとぎ話のように夢見たものだ。その夢を終わらせることなく、本物のログホームをそのまま日本の自然の中に育てていくことだ。大自然が幾年月をかけて育てた大木を使って築きあげたログホーム。そこで人は幾年月の夢に包まれながら暮らすのだ。

カナダログホームのお問合わせ先;

当社電話0742-43-7482又はinfo@nakamura-trading.jpへメール願います。

 

 

Log Wall Maintenance ログホーム専用チンキング工事;

カナダ生まれのチンキング工事。実績18年。あなたの大切なログホームの隙間の補修工事はお任せ下さい。

ログウオールチェックポイント;1)ログとログの間に隙間がある。2)隙間に充填したグラスウールがみえる。3)隙間から風、雨や虫が入ってくる。4)台風の時、床が水浸しになる。5)暖房、冷房が著しく悪い。 施工: ワイルドライフサ-ビス

詳細お問合わせ;0742-43-7482又はinfo@nakamura-trading.jp宛てメール願います。

カナダログ施工例;

Campana Shima Log Resort・カンパーニャ志摩。1995年にカナデイアンシダーを使用した本格的ログハウス計17棟(センターハウスとログコテージ)を配したリゾートホテル(貸別荘)として伊勢志摩に誕生しました。宿泊予約問合わせ先:カンパーニャ志摩〒517-0502三重県志摩市阿児町神明1916-60 Tel:0599-43-4811 ホームページ:http//campana-shima.comまで。